子供たちに生きる力を

03-5500-2850
メールでのお問い合わせはコチラ
企業・行政 学校関連の方へ 一般の方へ

【アウトドア学童クラブ】2016年9月校の無料体験受付開始いたしました

16年08月30日

アウトドア学童クラブ2016年9月校の無料体験を受付開始しました。

(9月校ご入校期限の10月末を超えますと次回は2017年4月校となります)

アウトドア学童クラブって何?と考えている保護者の皆さま、ぜひご参加ください。

アウトドア学童クラブは「子どもたちに生きる力を」をスローガンに、自分に都合悪いことから

逃げない人間の幹を太くする1年間に約40回の専門プログラムを学ぶ塾です。

未就学児(年中・年長児)クラスと小学校(低・高学年)クラスに分かれています。

 

【9月からの受け入れ枠】 8/30現在

●未就学児クラス プログラム時間15:30~16:30

→火曜日4名  水曜日3名  木曜日4名

 

●小学校低学年高学年クラス プログラム時間平日16:30~18:30 土曜日13:00~15:00

→火曜日(低)3名 (高)2名  水曜日(低)2名 (高)0名

→木曜日(低)1名 (高)2名  土曜日(低)3名 (高)2名

 

【無料体験開始日】

2016年9月6日(火)から希望する時間のクラスにご出席いただきます。

※未就学児クラスの無料体験は水曜日のみとなっております。

——————————————————————————————————

私たちは、単なる「アウトドア好き」や「アウトドア馬鹿」を育成したいとは全く考えておりません。子どもたちの未来を真剣に考え、この組織はあくまで人間の「幹」を太くし、子どもたちの「生きる力」を育むために作られたクラブです。プログラムの内容としてとしてアウトドアから学ぶものが多く、結果としてあらゆるオリジナルプログラムにアウトドアを素材として使用しています。

 

アウトドア学童クラブはどんなクラブ?→ こちらをクリック

メールでのお問い合わせは → こちらをクリック

 

●各クラスの特徴 ★年中児クラス(1時間プログラム 4メートルロープが必須の持ち物)

P7140616P5120357IMG_20140728_150824IMG_20150622_160132
IMG_20150624_161347
年中児クラスは、年間39回のプログラム(内5回は全クラス合同プログラム)と 4回のウィークエンド屋外プログラムがあります。 何はともあれ、まずは屋外で元気に体を動かします。しかも裸足です。 もちろんクラスもチームとしてまとまるには数か月が必要になりますが、あっという間に体力が ついてきます。幼稚園でのお遊戯とは全く違う、アウトドアをツールとしたプログラムです。

 

★年長児クラス(1時間プログラム/4メートルロープが必須の持ち物・ナイフのプログラムがスタートします) 
P4230303P6180483IMG_20150702_160155

IMG_20150604_162436
年長児クラスは、年間39回のプログラム(内5回は全クラス合同プログラム)と 4回のウィークエンド屋外プログラムがあります。 年中児より、理解力も体力も向上してきているため、やればやるほど吸収します。 すぐに結果が出やすいクラスとも言えるでしょう。小学校に上がる前に体力や集中力を 育みたい方には、とてもやりがいのあるクラスです。

 

★小学校低学年クラス(2時間/2年生まで4メートルロープ 3年生から6メートルロープが 必須の持ち物 道徳や専門的な授業が増えます)P6190505P6120472P7300648IMG_20150523_131353
小学校低学年クラスは、年間39回のプログラム (内10回は室内講義プログラム、5回は全クラス合同プログラム)と、 4回のウィークエンド屋外プログラムがあります。 「リスク教育」を本格的に受け始める、最適の年齢です。無論未就学児より、室内の講義など 集中して聞くことができ、更に理解して、屋外でどんなシーンで役立つのかを考えることができます。 「失敗体験」をしても腐らずにチャレンジできる精神を持てるようなプログラムが満載です。

 

★小学校高学年クラス(2時間/6メートルロープが必須の持ち物 更に専門的な授業が増えます)スクリーンショット 2014-09-03 21.07.00IMG_20140714_183439PC151559IMG_20150823_120116
小学校高学年クラスは、年間39回のプログラム (内10回は室内講義プログラム、5回は全クラス合同プログラム)と、 4回のウィークエンド屋外プログラムがあります。 「リスク教育」の集大成を常に考えながら、「生きる力」を本格的に育みます。またチームとしての機能もさる ことながら、後輩や弱者を常にいたわり、助けるという、アウトドアを行う上で一番大事なことを学び、青年へ と成長していきます。   中学校や高校になってからの野外体験も良いのですが、やはり「遊ぶ」ことが仕事である少年期に   体験学習は一番必要です。さらに言うならば「原体験」が必要なのです。 1クラス6名という少人数制なので、密度の高い体験ができます。是非ご入校ください。